医療用ウィッグのいろは

ウィッグはQOLを高める

ウィッグはQOLを高める 様々な病気が原因で髪の毛が抜けてしまうこともあります。また病気の治療による薬の副作用で大切な髪の毛を失うこともあるでしょう。しかし病気を治すには精神的な支えも必要となります。現代の医療ではQOLといった治療だけでなく、治療後の生活をいかに気持ちよく過ごすことができるかに重点を置くことが求められています。そこで医療用ウィッグが見直されています。以前とは異なり、見た目にも本物の髪の毛のように作られている医療用ウィッグは、身に着けることで、髪の毛がないことを感じさせないようにすることも可能になり、外出してみたり人に会ってみたいという気持ちにさせることも可能となります。
こうした前向きな気持ちになることは、免疫力を高めることにもつながり、治療効果を上げるとも言われているのです。さまざまなタイプの医療用ウィッグが販売されており、簡単な手入れで使用することが出来るので、病気が原因で髪の毛に悩んでいるという人は一度パンフレットなどを取り寄せてみるといいでしょう。

医療用ウィッグを生活の中で活用するメリットを知ろう

医療用ウィッグを生活の中で活用するメリットを知ろう 抗がん剤の治療による毛髪の脱毛時に医療用ウィッグを着用しますが、日常的に使用しても問題はありません。むしろ一般のウィッグよりもJIS規格がしっかりと制定されており、直接頭皮に接触する部分に関して皮膚刺激数や有害物質の検出度が厳しく行われ、使用頻度が高くなることに対しての耐久面の性能も高いです。医療従事者によってストレスは症状を進行させるリスクがあるので、より使いやすく違和感がないように作られています。

毛量の変化に柔軟な対応ができる、デリケートな頭皮に負担をかけない、ずれなどのトラブルが起こらないように一人一人に合わせたフィット感を大切にしているなど、丁寧に作りこまれているのが特徴です。自然でおしゃれな印象になる、機能性や付け心地の良さも備わっています。それゆえ医療用ウィッグは病院生活だけではなく、日常の生活全般で違和感なく使うことが可能です。医療用だからと遠慮せず、日常の中でも活用するのがおすすめです。