医療用ウィッグのいろは

人毛ミックスされたウィッグ

人毛ミックスされたウィッグ 脱毛症や抗がん剤治療中は、髪の毛が抜けてしまうことがあります。それは大きなストレスとなってしまうため医療用ウィッグをつけることがオススメです。
医療用ウィッグには人毛をミックスしたものがオススメです。
人工毛にもメリットがあり、バランスよく人毛とミックスすることによって色々なメリットがあります。
まず、アクリル系繊維は質感が似ているのが特徴です。柔らかく軽い性質のため、つけ毛などにも利用されています。
塩化ビニル繊維も質感が似ています。光沢があり柔らかい感触のため、ストレートヘアやポニーテールなどのヘアスタイルにもオススメです。
ポリエステルは触感が似ておりサラサラとしてクシ通りが良く、光沢が押さえてあり人毛に近いツヤを出しているためウィッグによく使われています。
耐熱性があり、ヘアアイロンで形を作れば形が崩れないというメリットがあります。
コラーゲンタンパク線維は触感が似ており自然な光沢があるのが特徴です。

自然さを演出できる医療用ウィッグを選びましょう

自然さを演出できる医療用ウィッグを選びましょう 病気に罹患しても薬の開発が目覚ましいので、症状を改善することが期待できます。しかし薬には病気の症状を抑えることができる一方で、副作用として髪の毛が抜けてしまうことがあります。
特に女性の場合は髪の毛はとても大事な存在ですから、毛が抜けることで外出が億劫になったり、帽子をかぶらなければ出かけられなくなる、また人の目が気になって気持ちが沈んでしまうことがあります。そんな時に役立つのが医療用ウィッグです。
医療用ウィッグは自然さが演出できるものも増えていて、素材も化学繊維だけでなく、人間の髪の毛を使ったものがあります。医療用ウィッグを作るために、多くの人が髪の毛を提供する活動に協力しています。その本物の髪の毛を使っているので、自然さが出せますし、お好みで長さを変えたりパーマをしてアレンジをすることが可能です。医療用ウィッグは本物の髪のように自然な雰囲気を出すことができますから、人の目を気にせずにお洒落を楽しむことができます。