医療用ウィッグのいろは

生え際のきれいなウィッグ

生え際のきれいなウィッグ これまでは自然に見せる事が難しいとされていた医療用ウィッグの生え際は、技術の進歩に伴い、素肌に馴染むような自然できれいなラインが作れるようになりました。生え際だけでなく、うなじやもみあげなど、髪で隠す事が多かった部分も、自然に見せる事ができ、医療用ウィッグだとわからないような自然なヘアスタイルが楽しめるようになっています。

医療用ウィッグが、まるで自分の髪のようなフィット感で使い心地もよくなり、分け目や生え際なども自然な見た目が作られるようになってきた事で、ヘアアレンジの幅にも広がりをみせています。前髪を上げて作るヘアアレンジや、ずれないようにしっかりと密着しているのでキュッと髪を結ってのアップスタイル、もみあげを残してのアレンジも自信をもって楽しめます。髪質の1本1本にまでこだわって作られた医療用ウィッグは、自分の髪のように自由に毎日の気分や洋服に合わせたヘアアレンジでおしゃれが楽しめ、気分も前向きに外出を楽しみにしてくれます。

医療用ウィッグは自毛で作れるのか

医療用ウィッグは自毛で作れるのか 医療用ウィッグは化学繊維や誰かの人毛から作られたものだけでなく、実は自毛でも作ることが可能です。自毛は自然なキューティクルがあるため、ウィッグにすることで自然な仕上がりになることが大きな魅力です。特殊な加工処理以外は特別な加工は必要ないため、製作期間も短くて今までと同じように髪の毛のお洒落を楽しむことができます。医療用ウィッグを作っている会社に依頼をすれば作製してもらうことができますが、ウィッグにするためには一定の長さであり均等になったものが必要になります。
そこで治療を受けて副作用により髪の毛が抜ける前に、医療用ウィッグを作成するようにしましょう。依頼する会社に連絡してヘアカットしてもらうこともできますが、普段から通い慣れている美容院でもウィッグを扱っているところであればカットしてもらえます。髪の毛をそのままカットするのではなく、結んでから同じ長さでカットすることによって医療用ウィッグを作りやすくなります。